スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:-- |スポンサー広告  

前向きに!

強いリーダーがほしい

長年携わっている不動産業界が不振です!不況だからといって、
片付けてしまえば、それまで! 何が原因か?いろいろ考えてみると、
まず、
① 不況の言葉が完全に広く、深く人のこころに浸み込んでしまった。

② 正社員が減り、銀行ローン査定ではじかれる人が増えた?

③ 昇給、昇進も危うい時代が買替えに待ったをかける?

不動産業者の緊急の提案(勝手な提案ですが?)
Ⅰ 現実はあと10年くらい、続きそうな不況だが、・・・
  我が日本でも、(ちょっと無理でも)
  アメリカ大統領選挙のような大きなイベント?を国でやろうよ!

Ⅱ みんな、資格を取ろうぜ! 資格を取っただけではダメだけど?
  銀行も給料の多い少ないだけでなく、その人物をよく評価して
  下さいな!(銀行ではそんなこと考えていないか?)

Ⅲ 国民投票が必要だ!我が日本が変わるために必要だ!
  民意により、政権は変わることを学んだ日本は民意で
  何か、(?)を変えよう!

少し、無茶でも前向きに考えないと不況から、抜出せない!
そんな気がするんだ! 

スポンサーサイト

2010/05/27 19:13 |仕事日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

瑕疵担保免責とは?



 瑕疵担保免責、聞きなれない難しい言葉ですが、不動産売買で対象となる土地および

 建物に不具合があっても、売主は責任を負いませんよ!という条項をつけることです。

 瑕疵とは、ある物に対して一般的に備わっていて当然の機能が備わっていないことを

 指しますが、高価な買い物である不動産が欠陥だらけでは買主はたまりません。

 宅地建物取引業法(第40条)では、売主が業者の場合、目的物の引渡の日から2年

 以上となる特約をする場合以外の買い主に不利となる特約は、無効となると規定

 されています。売主が一般の方の場合には目的物の引渡の日から2ヶ月の瑕疵担保

 責任を特約します。しかし、一般の方が売主の場合、この瑕疵担保を免責しますよ、

 という条項を付け加えることも可能です。一般的には、建物が新築時から、20年

 ~ 30年以上経過している場合、瑕疵担保を免責することが多いようです。

 築10年以内でも、売主、買主双方の合意があれば、瑕疵担保免責の特約を加える

 ことは可能だと思います。我々、宅地建物取引業者はしっかりした物件調査が

 間違いなく必要で、これに命をかけて、仕事をしていると言っても過言ではないと

 はっきり宣言します!

 

2010/05/20 12:56 |仕事日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

駅徒歩8分は魅力ありますね!

駅徒歩8分の平家建住宅

 田舎とはいえ、駅から徒歩8分は魅力あります!平家建ですので、定年を迎えた
 
 方にお奨めでしょう!ちょっと、隠れ家みたいな雰囲気もあって、面白い!
 
 庭にはつつじ、柘、松、楓、等々の植木が豊富で四季を身近に感じられますよ!
 
 正直、建物は古いし、リフォームもしていませんので、買われた方が
 
 リフォームしないと住めません。(建替えの方が早いかも?)
 
 このような物件のチェックポイントは、白蟻が大丈夫かどうか?

 市街化区域内物件ですので、公営水道、公共下水、都市ガスと設備は

 心配ありません。
 
 この物件はあまりにも古いため、売主の瑕疵担保免責となっています。
 
 買われた方が要チエック!忘れずにお願いします。

2010/05/18 17:58 |仕事日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

元気がもらえるコンビニ!



 コンビニのレジで、公共料金等の料金収納ができるのは大変嬉しい!

 自動車税、固定資産税とあまり嬉しくない郵便物がこの時期多い訳で

 銀行の窓口まで、持って行かなくてよくなったのはいいねぇ!

 銀行窓口は混み合って、面倒くさいってことですよ!

 コンビニの進化は止まらない、レジでのキャッシュレスも、もう

 当り前のように皆が使っていますね!(Edy、ID等々)

 生活していく上で、もはやコンビニはなくてはならないものに

 なっているようです!しかしながら、私がいつもコンビニを

 利用するのはそれだけじゃない!

 「いらっしゃいませ、こんにちは!」の元気な挨拶があるからですよ。

 欲しいものがそこにあれから、ただ買うだけの人もいるようですが、

 私がよく行くコンビニは、よく通る声でお迎えしてくれるのです。

 元気がもらえるコンビニでお買い物したい!

 自分自身が進化するためにも!

2010/05/13 18:52 |仕事日記COMMENT(4)TRACKBACK(0)  

チェックポイント



 中古住宅の選択はやはり、経験が大きいでしょう。 でも、家を買うのは、

 普通1度か、2度でしょう。 経験がものをいう、と言っても、それなりの

 経験を積むのは難しいわけです。結局運次第みたいなところがありますね!

 そこで、アドバイスとしては、よりよい営業マンを 見つけることだと

 思いますが、どうでしょうか。

(なかなか、よりよい営業マンにめぐり会えない??)

 必ず、チェックしなければならないポイント(私からのアドバイス)

 ① 排水を調べること。大型分譲地内の物件なら、安心ですが、地方都市
   には排水が危うい物件もありますので、十分に調査をして下さい。

 ② 前面道路が公道か、私道か、やはり、公道がいいですよ!

 ③ 建物の構造チェックを忘れずにすること、耐震性の本格調査は費用が
   かかりますが、ある程度までは外観からもわかります。
   (築年数でも、耐震性に差が出ます。)

 まだまだ、たくさんありますが、上記① ~ ③は重要ですので、
 どうぞ参考にして下さい。 

2010/05/10 17:29 |仕事日記COMMENT(2)TRACKBACK(0)  

反響がドッときましたね!




築100年を越す農家住宅を

住宅専門サイトに掲載したところ、

反響がたくさんきましたよ!

価格が470万円というのが

大きな要因だと思います。

内見もできますが、本当に古い!

田の字の間取で、広いけど?

冬は寒そうだなぁ!

夏は風通りがよくいいかもね。

日本の農家住宅は夏向きに造られて

いるそうで、見れば納得でしょ!

2010/05/07 10:16 |仕事日記COMMENT(0)TRACKBACK(0)  

blogram投票ボタン
 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。